Ducati Monster 797

LET’S HAVE FUN

YOUTHFUL, PLAYFUL & LIGHT

象徴的なモンスターの本質とドゥカティバリューのすべてを集約した新型モンスター 797。スポーティでコンパクト、かつエッセンシャルであると同時に現代的で洗練されたモンスター 797 は、直観的で乗りやすいのにスポーツ走行も十分に楽しめる、そんな一台を探しているモーターサイクリストがドゥカティの世界へ踏み出す第一歩となります。

MONSTER 797
の弾ける楽しさ

細部にまでこだわって設計、加工されたひとつひとつのエレメントが、まぎれもない 100% モンスターを作り上げます。ライディングポジション、シャーシ、出力 75 hp の 2気筒デスモドロミックエンジン、これらすべてがこのバイクに乗ったその瞬間から絶大なる信頼性を実感させてくれます。モンスター 797 とは、どんな路面にも状況下においても安心して楽しむことができるバイクなのです。

デザイン

スポーティでコンパクト

幅の広いハンドルバー、フューエルタンク、トレリスフレーム、エンジン、両持ち式スイングアームのどれもが、エレガントで逞しいモンスター 797 のデザインに完璧な形で融合されています。スポーツ性を表現するしなやかでダイナミックなボディラインが、初めて見たその瞬間から信頼を勝ち取ります。スポーティでコンパクト、比類なきモンスター。

洗練されたエッセンシャル

モンスター 797 が持つしなやかで流線形のラインは、デザインの対象となるエレメントから生まれるものです。こうしたエレメントはまた、トラディショナルなドゥカティトレリスフレームのように構造エレメントでもあるのです。ひとつひとつのエレメントがスタイルとテクノロジーを追及した証でありながらも、そのデザインにおいて常にモンスターをモンスターたらしめる純粋さを失わない、エッセンシャルでありながら洗練されたバイクです。

現代のアイコン

モンスター 797 はあらゆる点においてオリジナルを踏襲しながらも、現代的な新たな表現方法を実現しています。クラシックな円形ヘッドライトは LED ポジションライトが備えられています。タンクには固定用フックが再び設定されたほか、進化した 2気筒デスモドゥエエンジンには冷却フィンが帰ってきました。トラディショナルなエレメントと現代的なコンポーネントがひとつになり、現代のアイコンとしての地位を確立すると同時に、100% モンスターなのです。

アクセスしやすさ

だれもが楽しめるスポーティ

ドゥカティの世界、バイクの世界に初めて足を踏み入れるユーザーに最適といえるモンスター 797 は、同時に経験を積んだモーターサイクリスト達にとってもライディングの喜びを与えてくれるバイクです。

妥協しない多様性

モンスター 797 のシャーシはライディングのしやすさを一番に考えて設計されています。コンパクトなサイズ、低めのシート、細い車幅、幅の広いハンドルバー、軽い重量。これらがモンスターを市街地走行を俊敏にこなし、郊外のカーブをスポーティに走行できるバイクに仕上げています。

アグレッシブにして楽しめるエンジン

最大出力 75 hp、最大トルク 7 kgm の 2気筒デスモドゥエは、最大限の安全性を確保しながら楽しみたい、そんなユーザーにぴったりのエンジンです。一定で滑らかなトルク曲線で難なく乗りこなすことができ、安心してライディングを楽しむことができます!

スポーツの楽しみ

スポーティに楽しむ

The Desmodue twin

最大出力 75 PH、最大トルク 7kgm を誇る 2気筒デスモドゥエは、4,000~8,500 rpm で最大出力の 90% が使用可能です。ライダーが要求するパワーにいつでも応じることができるエンジンだからこそ、頻繁にシフトチェンジをすることなくカーブでの走りを十分楽しむことができるのです。

カーブ走行を堪能する

初代モンスターと同じフルトレリスフレームに短いホイールベースを採用したシャーシで、ハンドリングしやすく驚くほど俊敏な動作が可能になっています。ハンドリングの良さと方向転換のしやすさは、経験を積んだライダーにとっても初心者にとっても喜ばしい特性でしょう。すばやくカーブに侵入する、それはカーブを走る時の楽しみのひとつです。

目標、楽しむこと

デスモドゥエのデリバリーを最大限に活用するために、モンスター 797 には直径 43mm フロントフォークとスプリングプリロードとリバウンドダンピングの調節が可能なリアショックアブソーバーが搭載されています。ブレンボ製ブレーキシステムとボッシュ製 ABS 9.1 MP を標準装備し、安全性をしっかりと確保しながらスポーティなライディングの興奮を高めてくれます。

MONSTER 797

モンスター 797 には 3種類のカラーリングが設定されています。レッドフレームとレッドリムのスターホワイトシルク、ブラックフレームとブラックリムの伝統的なドゥカティレッド、そしてブラックフレームとブラックリムのエレガントなダークステルスは Plus バージョンにもヘッドライトフェアリングとパッセンジャーシートカバーを装備します。

Model page
Contact dealer

アパレル

都会のストリートでも、週末のライディングにも、スタイルと快適さ、そして最高のプロテクションを毎日実感してください。

Contact dealer

弾ける楽しさ

Tトレリスフレーム、2気筒デスモドゥエ、そして唯一無二のデザイン:モンスター 797 は初めてドゥカティの世界に入るユーザーにぴったりです。市街地から山の曲がりくねった道まで多目的に使えて乗りこなしやすく、安心してライディングを楽しむことができます。

モンスター 797 のテクノロジー

  • エルゴノミクス
  • エンジン
  • シャーシおよびブレーキシステム
  • 電子装置
Technical specifiction

エルゴノミクス

市街地を走るときも郊外を走るときも安心して楽しむことができるバイク、それがモンスター 797 です。すべてが 90 年代の象徴であるバイクを呼び起こし、現代的な表現を吹き込むものです。ドゥカティ製造の証であるトレリスフレームが、逞しいフューエルタンクとスポーティで軽量のアルミ鋳造両持ち式スイングアーム、そしてサイドに組み付けられたショックアブソーバーと完璧な形で相互作用します。シート高 805 mm、幅の広いハンドルバー、大きなステアリングアングルが市街地では俊敏に、高速走行時には安定性を約束します。一方、抑えられた重量とシャーシが、どんな経験度のライダーでも同じようにライディングの喜びを感じさせてくれます。

デスモドゥエ(総排気量 803 cm³)

モンスター 797 は総排気量 803 cm³ の空冷式 2気筒デスモドゥエを搭載します。このエンジンは起源であるモンスターをしっかりと踏襲しながら、最大出力 75 hp/ 8,250 rpm を誇る Euro 4 準拠の実に現代的なエンジンです。ボア 88 mm x ストローク 66 mm が特徴的なエンジンは、大変さを感じさせることなくライディングを楽しいものにするために設計されています。さらに 2in1 レイアウトのエキゾーストは、ライダーとパッセンジャーを熱から確実に守りながら流体力学的にも優れたデザインになっています。12,000 km 走行ごとのメンテナンス間隔をみても、モンスター 797 のエンジンは非常に競争力が高いといえます。

トランスミッションおよびクラッチ

デスモドゥエには 6速トランスミッションと APTC 湿式多板クラッチが備わります。クラッチはケーブル式で、クラッチレバーは軽く操作でき調節可能です。停発進を頻繁に繰り返す市街地では大きな助けになります。またクラッチにはスリッパー機構も備わり、スポーティなライディングに特有のアグレッシブなシフトダウン時でも車両を安定した状態に維持できます。

出力とトルク

モンスター 797 のデスモドゥエエンジンは、最大出力 75 hp と最大トルク 6.93 kgm/ 5,750 rpm を誇ります。直径 50 mm のシングルスロットルボディとスロットル下の 2個のインジェクターによって、すべてのドゥカティ 2気筒エンジンの特徴ともいえる全回転域での滑らかなフルデリバリーを可能にし、スロットルの操作へのすばやいレスポンスを実現しています。4,000~8,500 rpm で最大出力の 90% が使用可能な一定したトルク曲線を持ち、頻繁にシフトチェンジをすることなくライディングを十分に楽しむことができます。

フレーム

モンスター 797 のフレームには、ドゥカティ伝統のスチールパイプトレリスフレームを採用します。本質を重視し、剛性に優れながらも軽量なフレームは、ドゥカティ 2気筒エンジンをはっきりと見せつけます。スチール製フューエルタンクと組み合わさり、モンスターを代表する特徴的なエレメントのひとつになっています。フレームがアルミ鋳造両持ち式スイングアームと完璧に相互作用し、1,435 mm のコンパクトなホイールベースとあわせて市街地では俊敏に、高速走行時には安定性を約束します。

サスペンション

モンスター 797 は直径 43 mm、トラベル 125 mm のカバヤ製フロントフォークを搭載します。一方、リアサスペンションにはSachs製ショックアブソーバーで構成されます。エンジン左側に設置されるショックアブソーバーは、スプリングプリロードとリバウンドダンピングの調節が可能なほか、プログレッシブレバーを介さずフレームとスイングアームにつながっています。リアショックアブソーバーシステムの最大トラベルは 150 mm に達します。

リムとタイヤ

モンスター 797 のホイールには、軽合金 10本スポークリム(フロント:120/70 ZR17、リア:180/55 ZR17)を装着します。Pirelli Diablo Rosso II タイヤはロングツーリング対応できる耐久性に加え、スポーティな走りでも優れたグリップ力を提供するデュアルコンパウンドタイヤです。高品質を誇るこれらのタイヤには、どのようなリーンアングルにおいても接地面積を最大化させるピレリ EPT(エンハンストパッチテクノロジー)技術と、濡れた路面での性能を最適化する FGD(ファンクショナルグルーブデザイン)技術が採用されています。

ブレーキ

モンスター 797 はBrembo製ブレーキシステムを搭載します。ブレーキング時の最適なパフォーマンスと安全性を保証するために、フロントには直径 320 mm ダブルディスクに 4ピシストン M4-32 モノブロックラジアルマウントキャリパー 2個を搭載しています。また、アキシャル式ブレーキマスターシリンダーと一体型フルードタンクを備えます。リアブレーキには直径 245 mm シングルディスクを搭載し、焼結パッド素材を採用したフロントと同様のキャリパーが作用して制動効率を高めます。さらに標準装備として圧力センサー内蔵ボッシュ製 ABS 9.1 MP が備わります。

インストルメントパネル LCD

モンスター 797 のインストルメントパネルには大きく見やすい LCD 画面を搭載し、メインインジケーターとセカンダリーインジケーターを表示します。ユニットにはスピード、エンジン回転数、オドメーター、トリップ 1とトリップ 2、エンジンオイル温度、時計、平均速度、トリップタイムが表示されます。

ライトとターンインジケーター

ヘッドライト、それは常にモンスターの大きな特徴のひとつです。細部にこだわりテクノロジーを取り入れた現代的なデザインでは、LED ポジションライトを搭載するだけでなく、ロービーム/ハイビーム機能をひとつのランプに持たせています。LED ライトテクノロジーはコンパクトなテールライトとナンバープレートランプにも採用されています。さらに、専用のターンインジケーターボタンを押すと作動する「ハザード」機能も用意されています。

USB / DMS 対応

モンスター 797 のシート下には USB ソケットが用意されており、スマートフォンや USB 接続対応のあらゆるデバイスの充電に使用できとても便利です。またドゥカティマルチメディアシステムもオプション設定されています。このシステムで最新世代のスマートフォンをバイクに Bluetooth 接続すれば、音楽プレーヤーを操作したり、着信や受信メッセージの通知を受け取ったりすることが可能です。

Scroll

The power values indicated above are measured using a chassis dynamometer. Homologated power data, as quoted in the Bike Registration Document, are measured using an engine dynamometer according to the homologation regulation. The two power values may differ because of the different measurement equipments.